14.0cm〜19.0cm×32匹(オトリ除く)

 

晴れの予報で混雑が予想され一寸早く出勤

地元釣りクラブの納会と言う事で鮎師がどんどん入って来る

即行で開始し即1匹掛けるが暫く音沙汰なく

トロ瀬の良さ気な所にオトリを止めていると

オトリが変な動き?初っ端からモクズガニの餌食に‥‥

鮎師が入り始めポイントを開けたくなかったが

急ぎ車に戻りハサミで挟まれ瀕死の野鮎をクーラーバックに!

運良く?引っかかったモクズガニも当然ながらお持ち帰り!

気を取り直し再開しトロ瀬を探り続けるとポツポツ掛かるが

鮎師が多く動けず勢いはない、空いているポイントは

深いトロ瀬のみ、水量が多い為根掛り回収不可ポイントだが

オトリを入れてみると非常に良く掛かります

午前の部20匹、昼抜き打っ続けで午後の部へ

昼食で釣り場が空いた所で竿が入っていないポイントへ

ちょいと移動しポポポンと1時間で5匹

13時近くになり鮎師が準備を始めた所で

元のトロ瀬へ、かなり探ったので掛かりは悪いが

16時まで粘る、この時点で午後は16匹掛けているが

根掛りで3匹ロストしているので13匹追加の計33匹

16時からガラガラとなったタケゾウのメインの瀬に移動し

1時間探ると4ヒット!、しかし上がったのは2匹のみ

まだ流れの早い瀬でも出る、まあ瀬脇や石裏が多い感じはするが

最終2匹追加し32匹の釣果で終了。